【オンライン講座のご案内】

四柱推命のオンライン講座(Zoomアプリ使用)を行っています。鑑定と同じくマンツーマンでの対応となっています。教材は完全オリジナルのテキスト(PDF形式)を使用しています。(市販本などは一切使用しませんが万年暦や干支暦は各自でお好きなものをご用意ください)

基礎から四柱推命を学びたい方これまで学んできた四柱推命に疑問を感じている方を対象としています。

受講を希望される方は、下部のお問い合わせフォームからどうぞ。受講日や時間帯については個別にご相談ください。(定員に達したため今季の募集は終了しました。 21年10月現在)

世間の多くの四柱推命教室では30回~50回といった膨大な回数を通う必要があり、また非常に分かりにくい&読みにくい教材を使っていることが多く見られますが、

この講座では「図解入りの分かりやすいテキスト」を用いながら、最短の受講回数(最短で15回前後)占い鑑定力(命式分析)の確かな基盤を修得することができます。

また、当講座の最大の特徴は、豊富な数の例題や練習問題がレッスン中に織り込まれている点です。

講師が喋るのを一方的に聞き流すような退屈な占い講座ではありません。そうした受け身の講座を何周受けたところで鑑定力は身に付きません。ちまたの占い教室はこの点に多々問題があります。

実際に自分自身の頭も手も動かして「命式分析を行う実践的演習」を何度も繰り返すことを通してのみ本当の基礎力が身に付きます。


【入門クラス】90分 6000円

◆受講回数の目安◆ 1~2回

 「五行、十干、地支」といった東洋占の基本要素を学ぶための入門講座です。

上のようなオリジナル教材を用いています

(1)命式の「8つの文字」(各柱の天干と地支)が「どの五行を示しているのか分かる」ことをこのクラスの達成目標とします。

五行とは何ですか?生じる関係と剋す関係

季節や方位との関係性は?

時刻と五行の関係は?

五行と人体の相応関係

十干(天干)とは何ですか?

十二支(地支)とは何ですか?

(2)命式の出し方、大運の算出、命式の構造 を学ぶ

「万年暦」を使って「命式を自分で導き出す」ことができるように指導します。

「大運」の順逆や流れ方や立運数がどのように成り立っているのか?

を正しく理解することは人生全体の運気を知る上で重要となります。

命式の「定位」の理解

年柱・月柱・日柱・時柱、天干と地支にはそれぞれ固有の意味や役割があります。そのような命式の構造命式全体がどのような構造で成り立っているのか)も学習します。

※ 命式を出す練習をする際に「干支暦」(万年暦)が必要です市販のどんな本でも構いませんので巻末に干支暦(1960年~2010年ぐらいまで載っていればいいです)が付録されている本を各自でご用意下さい。出版年が10年ぐらい前の中古本を探すと400円ぐらいでゴロゴロあります。干支暦しか使わないので本の内容中身は問いません。

内容の理解度をチェックしながら進行していきます。(もし五行論など既知の項目があれば、そこは時間を掛けずにショートカットして先に進めていきます)

だいたい1回で終わる人が多いです。(まったくの初心者は2回掛るかもしれません)

次の基礎理論クラスを受けられる方も、初回だけはその人の現時点での理解度を伺いつつ、オンライン講座に慣れるためにもこの「入門クラス」からの受講をお薦めしています(入門編ですが中には鑑定にもつながっていく高度な内容・資料含まれています)


【Basic基礎理論クラス】1回 90分 9000円

◆受講回数の目安◆およそ14~17回 ※各人の理解度によっても相違します。

地支の詳しい性質(蔵干論

地支の特殊法則(方合・会局・支合・沖)

五行力量の測り方(命式全体のバランス判断)

日干の旺衰身旺と身弱

通変を用いた事象の読み取り(事象論)

良い五行悪い五行(基本的な用神判断)

普通格と特殊格の見分け方について など

このクラスでは、命式全体を分析する際に基礎となる視点の習得を目指します。

命式全体の五行の力量判断日干の旺衰良い五行・悪い五行通変による事象理解といった鑑定の基本骨格について理解することを目標としています。

内容をよく理解できれば、命式の特徴良い時期や悪い時期、どんな事象が起きやすいかといったことが明確に分かるようになります。

入門クラスで学ぶ 五行論、四柱の定位、命式の出し方、大運の出し方といった内容を前提としています。

最初に受講される方にはオンライン講座に慣れるという意味でも、まず「入門クラス」の受講をお薦めしています。意外と「大運の順逆」地方時差修正について理解していない方が多いです。



↓受講の申し込みやお問い合わせ は こちらのフォームからどうぞ

募集人員を超過したため、今季の募集は締め切りました。(21年10月)

タイトルとURLをコピーしました