命式の天干 ~「十干」について

陰陽五行論

四柱推命において、命式を分析するために必要な基礎知識をまず覚えましょう。

前の記事では「五行」という5つのエレメントについて学びました。これが全ての基礎です。

生まれた年月日時から割り出される「4つの干支」が原命式ですが、その1つ1つの文字が「五行」を示しています。

1つ1つの文字がどの五行なのか?がパッと見て分からなければ、そもそも鑑定師は務まりません。

例えば、下のような原命式があるとして、それぞれの文字はどの五行なのでしょうか?

戊 壬 庚 辛・・・天干

申 寅 寅 丑・・・地支

今回の記事では、まず上の段(天干)にある「戊・壬・庚・辛」について、どの五行か分かるようになることが目標です。

最終的には、上のような干支の並びをパッと見ただけでも各文字に色がついて見える=それぞれの五行が何であるのか調べなくても分かるぐらいになって下さい。

天干に並ぶ星 ~「十干」とは?

前の記事で「五行」について学びました。

五行はさらに陰と陽に分かれて全部で10個になります。十干じっかんといいます。

同じ木(き)でも、の木(きの)との木(きの)に分かれます。

陽の木である甲は、自立した大樹を意味し、陰の木である乙は、地を這うつる性の草花を意味します。

もともと「えと」とは「十干の陰陽」を示す言葉だったのです。

「十干論」は四柱推命以外の東洋占(断易・風水・紫微斗数)にすべて共通する要素なので、覚えてしまうに越したことがありません。これを知らないと始まりません。

命式の天干に並んでいるのはこの「十干」です。

上の命式だと、戊土、壬水、庚金、辛金 という4つの十干が並んでいます。

「十干」が分かっていれば、命式の上半分の「天干」については何の五行なのか?が分かります。

「十干」の作用と性質

十干の1つ1つはどんなものなのでしょうか?

この記事は超入門編なのでざっくりした説明に留めますが、この十干論は深めれば奥が深く、十干それぞれの作用や性質に精通すればするほどに鑑定精度も高くなります。

十干は「陽の十干」=「陽干ようかん」と、「陰の十干」=「陰干いんかん」に分かれます。

陽干は、大きく強く働きが明確である、といった特徴があります。

陰干は、繊細で弱く働きが微細である、といった特徴があります。

きのえは、大きな自立した樹木

ひのえは、天空に輝く明るい太陽

つちのえは、大きく聳える山岳

かのえは、剥き出しの荒い鉄

みずのえは、流れる大河や大海

これら5つが「陽干」です。

きのとは、小さなつる性の草花

ひのとは、人工的な灯火や焚き火

つちのとは、柔らかく湿った田畑の土

かのとは、磨かれた宝石や貴金属

みずのとは、雨・霧・泉のような淡水

この5つが「陰干」です。

一般的に、陽干は強いので、剋を受けても耐えられます

陽干の中でも、特に「庚金」は丁火によって剋されることが良い作用となります。

一方で「甲木」は陽干ですが、庚金によって剋されることを嫌います

丙火、戊土、壬水は 剋されても耐えられる陽干で、剋されることが必要なケースが時折あります。

その一方で、陰干は繊細で弱い星であるので、剋されることを嫌います

乙木、丁火、己土、辛金、癸水、いずれも剋を受けると簡単に潰れる弱い星です。

このように、十干の星には、それぞれに性質の違いがあります。

剋されることを喜ぶ十干もあれば、剋を恐れる十干もあります。

1つ1つの十干の性質については、また別記事で詳しく学んでいきましょう。

タイトルとURLをコピーしました