五行について

陰陽五行論

「五行論」はあらゆる東洋占術の基本中の基本です。

四柱推命以外にも、易占い、方位術(風水や気学)、紫微斗数などありますが、東洋占術で五行論が関係しない占いは1つもありません。

この世界は、木・火・土・金・水 という5つのエレメント(気)によって構成されているというのが古代中国の世界観です。

「金」とはお金のことではありません(笑) 鉄などの金属を指しています。

五行の相互関係 ~ 相生と相剋

5つのエレメントは、お互いに牽制し合ったり=剋の関係お互いに生じたり=相生の関係、しています。それを図で示したものが「相生・相剋図」=五芒星の図です。

<相生の関係> 外側の円周の矢印では、AがBを生じて強めます。

木生火 = 木が燃料となって火を生じます

火生土 = 火が燃えると灰土を生じます

土生金 = 大地の奥深くに鉱石や金脈が形成されます

金生水 = 金属が冷えると水滴が結露して生じます(金脈は水源となって川の源流になります)

水生木 = 水は植物を育んで成長させます

<相剋の関係> 星型の矢印では、AがBを剋して弱めます。

木剋土 = 土の養分を樹木に奪われて、土の生命力が衰えます

火剋金 = 高温の火熱によって、金属が溶かされます

土剋水 = 積み上がった土(堤防)が、水の流れを塞いで堰き止めます

金剋木 = 鋭利な鉄の斧や刃物によって、草木が切られて刈り取られます

水剋火 = 水を掛ければ、火が消えます

「相生と相剋」によって、五行全体はバランスを保っています。

強すぎるエレメントは剋されて抑制されなければなりませんし、弱すぎるエレメントは生じられて強められる必要があります。

生じられるのが良いのか悪いのか?剋されることが良いのか悪いのか?はもともと固定的な吉凶が決まっているわけではなく状況とバランス関係によって吉凶が刻々と変わります

これはとても「重要なこと」なので覚えておいてください。

命式の五行の関係性を推理する上で、剋されるほうが良いのか?、生じられるほうが良いのか?という判断がいずれ問われるからです。

あるケースでは、剋されたほうがベターな場合もあれば、別のケースでは、剋されることが悪い場合もあります。こうした吉凶の判断が正しくできなければ四柱推命の鑑定は成り立ちません。

「五行」と「季節」

世界のあらゆるものが五行によって成り立っていると言いましたが

例えば、季節の変化方位時間にもその影響が及んでいます。

季節の変化は、ある五行の勢いが増し(旺じると言います)、ほかの五行の勢いが弱まることによって生じると考えます。

「春」は芽吹きの季節ですが、それは木行のエネルギーが最強に旺じるからです。木に剋される土は、この季節に最も衰微して弱まります。

「夏」は炎熱が強まる季節ですが、それは火行と土行のエネルギーが最強になるからです。火に剋される金、土に剋される水は、この季節に最も衰微して弱まります。

(「土」専用の季節が無いので、五行論では「土用」という期間四季の終わりに挿入されています。ただ実際には土用の期間だからと言って「土」が必ずしも強くなるわけではありません。冬・春・秋の土用では土は弱いです。土が最も旺じるのは夏です)

「秋」は冷涼な気が漂う季節で、金行のエネルギーが最強に旺じます。金に剋される木は、この季節に最も衰微して弱まります。

「冬」は雪や氷の寒い季節ですが、水行のエネルギーが最強になります。水に剋される火は、この季節に最も衰微して弱まります。

サラっと書いていますが、実はこの「五行」と「季節」の関係はきわめて重要です。

四柱推命の神髄に触れる事柄ですので、何度もここに立ち返りながら1つ1つの命式の分析を行って下さい。

どの季節に、どの五行が最強になって、どの五行が最弱になるのか?をまず理解しておいてください。

(これが分かっていれば「月支の力量」がなぜ他の地支よりもはるかに大きいのか?が分るはずです)

逆にこれが分かっていないと、四柱推命の本質が最後まで分からないでしょう。


ちなみに、季節の境目になるのは「立春・立夏・立秋・立冬」4つの節気です。

実は「節分」とは、もともとこの4つの節気(季節の区切り)を指す言葉でした。

(4つの節分のうち、春の区切りになる2/3の「節分」だけが現代に残っています。この春の節分が、昔の干支暦では「大晦日」だったのです。前の年の厄災を新年に持ち越さないようにと鬼払いの儀式を行っていたことが「節分の豆まき」の由来です。2/4の「立春」新年の始まり、今でいう元旦に当たるのです。1年の始まりもグレゴリオ暦と干支暦では違っています。干支暦では立春2/4にならないと新年になりません。)

古代の暦は「二十四節気」という24の節目で区切られ、1つの季節には6つの節気が配当されています。1ヶ月には「2つの節気」が含まれます。

春夏秋冬それぞれの季節のピークに当たるのが「春分・夏至・秋分・冬至」の4つです。

このように干支暦では、毎月の始まり(月と月の境界)は「二十四節気」になっています。

現代のグレゴリオ暦の1日が、必ずしも東洋暦の月の始点にはなっていません。ズレていることに注意しましょう。

例えば、グレゴリオ暦で2月は2/1から始まりますが、干支暦の2月(寅月)2/4頃の「立春」という節気から始まります。なので、2/3はまだ前の丑月だということになります。

というわけで、初学者の方は必ず「万年暦」(干支暦)を使用して、生年月日から命式を出す訓練をして下さい。それによって干支暦の「月と節気の関係」が体感的に分かるようになるはずです。

「五行」と「方位」

次に、季節だけでなく、方角にも五行が関係しています。

太陽が昇る東は、芽吹きの木行が支配しています。

太陽が頂点に昇り、極みに達する南が、炎熱を司る火が支配します。

太陽が翳って沈む西は、クールダウンする冷涼な気である金行が支配します。

太陽が天の底に沈む北は、最も寒い方角ですから、水が支配します。

ちなみに「土」だけは特定の方位を持ちません。真ん中と隅っこに横たわっているものと捉えられています。

方位術である風水学や奇門遁甲では、五行と方角の関係を上図のようにさらに複雑精緻(後天八卦や二十四山)に分析しますが、四柱推命ではそこまで深く入る必要はありません。

東=木、南=火、西=金、北=水 だけが分かっていれば十分です。

用神との関係で、その人にとっての開運方位(吉方位)がどこなのか?を五行論から導き出すことができます。例えば、火が用神であれば南が吉方位となります。

あらゆるものが「五行」に分類できる

季節と方位について書きましたが、これ以外にもあらゆる万物と「五行」は関係しています。

色で言えば、木=青・緑火=赤土=黄・茶色金=白・銀水=黒・紺 です。

これはラッキカラーを考える時に使えますね。用神の五行の色がラッキーカラーです。

他にも、人体の器官では、木=肝臓・胆嚢、火=心臓・循環器系、土=脾胃、金=肺・腸、水=腎臓というように対応しています。

これは健康運や病気を占う時に重要になってきます。

健康運については別記事で書きますが、命式で強すぎる五行(悪神)か、日干自身の五行の部位に病変が出ることが多いです。

四柱推命における開運法では、「用神」に関する分野や事柄をフル活用するのですが、その際にも「五行」と事象の関係から導き出します。

例えば、その人の開運の方向性ということで、用神の五行が管轄するジャンルや仕事分野への転職・適職診断を行ったりします。

五行と事象の関係をより詳しく知り尽くしているほうが、詳しい具体的な開運アドバイスが可能となります。鑑定師になっても、五行の具体論や範疇については研究の余地がまだまだあると感じます。

タイトルとURLをコピーしました