地支にはどんな五行があるの? ~四柱推命における蔵干論

蔵干論

ここから本格的な四柱推命の基礎理論に入ってきます。

この「地支論・蔵干論でつまづく人がとても多いです。

十二支って何なの?十二支と季節の関係は?十二支の1つ1つがどの五行なのか?といった内容を以前の記事で書きました。今回はもっと進んで、地支の中には実は「十干」が内蔵されている、というお話です。この地支に内蔵されている十干のことを「蔵干ぞうかん」と言います。

十二支の3つの分類 ~「四孟」「四正」「雑気」

「十二支」の性質は「季節との関係」で覚えるというのが、四柱推命を学ぶ上での近道です。

「季節」には「始まり」「ピーク」「変わり目」がありますよね?

季節の移ろいを示している十二支は、季節の始まり季節の頂点季節の変わり目の3つに分類ができます。

「季節の始まり」を告げる月支を「四勢の支」とか「四孟の支」と呼びます。

寅、巳、申、亥 の4つです。

「季節の頂点」を司る月支を「四正の支」と呼びます。

卯、午、酉、子 の4つです。

「季節の変わり目」を担う月支を「雑気の支」「墓庫の支」と呼びます。

墓庫と付くのは、季節の勢いが衰えて「墓庫に入る」ように収まるからです。

辰、未、戌、丑 の4つです。

冬を例に挙げると、冬は亥月から始まり、子月でピークに到達して、丑月になると少しずつ春に向けて季節が変化していきます。

「四正の支」~ 子・卯・午・酉

まずは一番簡単な「四正の支」から見ていきましょう。

季節のピーク、季節の頂点、ど真ん中を意味する月の支ですから、1種類の五行だけに純粋に特化しているのが特徴になります。

春の盛りの卯月 は 木行(甲と乙)しか含みません。純度100%です。

この「四正の支」が「最も力量が強い地支」になります。なぜなら、混じり気のない純度100%であるためブレがないからです。

少し補足説明が必要なのは夏の午月です。

夏は「火と土」が両方とも強くなります。

なので、夏の地支(午・巳・未)については、その内部に「火と土」の両方が含まれていると見なします。

そして、火と土のどちらの性質が強いか?命式の中にほかにどんな十干や十二支が多いのかに応じて変わってきます。

命式の天干に 丙や丁といった火星が多く並んでいれば、地支の巳午未もそれに呼応して火星を中心とする作用になります。(土性の十干が天干に出ていなければ、巳午未にはあまり土の作用はありません。火の作用に専門化します)

命式の天干に 戊や己といった土星が多く並んでいれば、地支の巳午未はそれに呼応して土星を中心とする作用になります。(火性の十干が天干に出ていなければ、巳午未にはあまり火としての作用はありません。土の作用に専門化します

命式の天干に 丙丁と戊己の火と土が両方あるならば、地支の巳午未はそれに呼応して火星・土星の両方の顔を持ちます。性質と作用が混在していると見ます。

命式の天干に、丙丁も戊己も無かったら、地支の巳午は純粋に火未は火+土と見ておいて構いません。ただし、大運の天干で戊己が来れば、巳午は急に「土」の性質に化けることには注意が必要です。

このように、天干にどんな五行の星が多く並んでいるのか?ということが、地支の特性や力量にも大きく影響を及ぼすことがあります。(丑や辰や戌といった雑気の支の性質を考える時にもこれは当てはまります)

「四孟の支」~ 寅・巳・申・亥

次に「四孟の支」(季節の始まりの支)についてです。

「四孟の支」は、最大で「2種類の五行」を含む可能性があります。

ただし、基本的には「メインとなる五行」が明確に決まっています。

春に属する寅は「木」、夏に属する巳は「火か土」、秋に属する申は「金」、冬に属する亥は「水」というのが基本線です。

しかし、三合会局という特殊な条件が揃った時だけなのですが、メインの五行以外にサブの五行がにわかに強くなることが稀にあります。

寅は「火局」すれば火も強くなる可能性がありますが、特に火局していなければ通常時は「メインの甲木」しか存在しないと見てください。

残りの巳・申・亥も同じで、会局という特殊条件がなければ、普通は「メインの五行」しか存在しないと見ます。サブの五行は「実態が無い」ので無視できるものです。

「寅」は、乾燥していてすぐに発火しやすい木材

「申」は、地下水を速やかにくみ上げられる金属製モーター

「巳」は、熔かされた液体状の鉄を含んでいる高熱の炉火

「亥」は、川底に朽ち果てた樹木が沈んでいる渓流

とイメージすれば覚えやすいでしょうか。

「四孟支」に含まれている2番目サブの五行は、あくまで潜在的にあるというだけで、実際にはまだ実体化していない五行だと考えて下さい。

三合会局が成立していないならば、2つ目の五行は「地支の力量計算」には入れる必要がありません。

巳の中にある庚金は、高熱のために溶けてしまっているので金属としての実態を持っていません。

亥の中にある甲木は、水底で朽ち果てているために樹木としての実態がありません。

つまり、そこにあるように思えて、実際には機能していない実体がないのです。

例えば、火が欲しい寒冷な命式に 寅だけがあっても火気があるとは見れませんし、水が欲しい炎熱激しい命式に 申だけがあっても水気があるとは見れません。

「雑気の支」~ 辰・未・戌・丑

最後に季節の変わり目である「四墓の支」「雑気の支」を見てみましょう。

ここがめちゃくちゃ複雑です。

季節の変わり目ですから、今の季節次の季節の両方の性質が含まれて、どっちつかずの揺らぎや不安定さがあります。一貫性に欠ける地支です。

「雑気の支」には、最大で「3種類の五行」が同時に含まれています。

例えば、丑ならば 癸水、己土、辛金 という3つの五行が同時に混在しています。

そして、3つの五行のうちどれが最も有力になるかは、

命式の中にどんな五行が多いか?後天運の推移によってどの五行が強くなるか?によって刻々と変化します。

命式全体や大運において「最も多くて強い五行」に呼応するものが、混在する3つの蔵干の中で最も優勢になります。「最も強い五行」になびいて優勢な五行がコロコロと変化します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 雑気の蔵干.jpg

ある時には「木」の親友だったのに、風向きが変わるとすぐに裏切って「土」の友達になってしまい、また風向きが変わると今度は「水」の友達になる、なんてことが常なのです。

「辰」は 命式の中に寅卯・甲乙が多く木行が最強であれば「木」の味方となり、3つの蔵干の中では乙木が優勢になります。(樹木を支える根になります)そうなると、蔵干の中の戊土は弱体化します。

しかし、命式の中に戊己・丙丁・巳午未が多く土行・火行が最強となれば「土」の性質となり、3つの蔵干の中では戊土が再優勢になります。(重量のある土に化けます)そうなると、蔵干の中の癸水は蒸発して弱体化します。

命式の中に壬癸・亥子が多くて水行が最強となれば「水」の性質となり、3つの蔵干の中では癸水が再優勢になります。(水浸しの沼のような姿になります)そうなると、蔵干の中の戊土は弱体化します。

このように「雑気の支」は変化の幅が大きく、命式全体の気勢と後天運の推移にともなって刻々と性質と力量が変化します

「月律分野蔵干表」は 無用の長物です

ちまたに広まっている四柱推命では、どのテキスト・教本を開いても「月律分野蔵干表」というものが載っています。おそらく昭和前期に「月支元命星」をありがたがる例の間違った四柱推命が世に広まった際に、地支の中にある「蔵干をただ1つに絞る」ために考案されたものでしょう。

しかし、実際には「地支の蔵干」を1つに絞る必要などありませんし、実態にも合っていません。

ちなみに、上の蔵干表などで「寅・申・亥」に戊土が挿入されていますが、これは土用明けの名残と言われる「余期の蔵干」というものです。実態が全くありませんので無視して下さい。

辰月や丑月などを例に挙げれば、地支の中には最大で3つの五行まで同時に混在しているのです。「寅や申」も場合によっては「2つの五行」が同時に併存することがあります。

辰や丑の中でどの五行が最も優勢であるのか?は必ずしも 月の日数の深浅(余気・中気・本気の順で)で決まるわけではありません命式内の地支・天干にどんな星が多くあるのか?によって相対的に決まるのです。

タイトルとURLをコピーしました