命式の「五行の力量」を計算してみよう② ~四柱推命の力量計算

五行力量の判定法

「午巳」を火と取るのか?土と取るのか?

「戌辰丑未」=「雑気の支」の五行をどうカウントするか?

について見てみましょう。

  • 「午・巳」は 天干に出ている火土の数で性質が変わる
    • 天干に丙丁だけで戊己がなければ「火」だけ
    • 天干に戊己だけで丙丁がなければ「土」だけ
    • 天干に両方あれば「火と土」が混じる
    • 天干に火土が無ければ「火」とする
  • 「未」は常に 火と土が混在する
  • 「戌辰未」は 常に土が「1」入っている
    • 「土用の支」である戌辰未には「土1」が常在
  • 「丑」は 午巳未が多ければ 土1
    • 「丑」の土は 通常は0.5程度で弱い
    • 「午巳未」が多い場合は 土1まで増量

午と巳はもともとは夏=火の支ですが、この命式のように天干にまったく丙丁火がなく戊己土だけが出ている場合は、命式内において火の性質というよりは土の性質に姿を変えます

午や巳に隣接された丑は水星が弱まって土の力量が増します

この命式では実際のところ水0.5も存在するか怪しいです。ほとんど蒸発・塞水されてしまっているでしょう。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: count4.jpg

この命式はさっきと違って、天干に戊己土が無く丁火が出ています

そうすると、巳午は基本的には火の働きに専門化し、土としての作用は薄くなります。

いちおう月干に壬水があるので、合計の水1.5としていますが・・

丑の水分は午巳に囲まれて蒸発していますし、壬水は丁火と干合して弱体化しているため、実際には水の合計力量はさらに弱い可能性が高いです。辛金は旺火に剋されるので弱くなります。

タイトルとURLをコピーしました